競馬予想・5chまとめサイト

競馬ピックアップ(別窓で開きます)
おすすめピックアップ(別窓で開きます)

管理人より

まちこ
当サイトは、コメント送信後も引き続き同じ箇所から記事を閲覧出来ますので、画面右下のボタンや、各レスの(返信)ボタンからお気軽にコメントしてみてください♪
レスの文字は、評価数に応じて装飾(プラス評価で色が付いたり、マイナス評価で文字が小さくなったり)されますので、評価ボタンもお気軽にポチってみてください!
ふくこ

競走馬

ワシントン州立大学「イプラで馬の運動能力は上がりません」

1: 2019/08/01(木) 21:50:08.63 ID:INAOqssx0

>Therefore, the pre‐exercise inhalation of a bronchodilator by a healthy horse is unlikely to improve performance capacity.

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.2746/042516401776249741

ディープインパクト禁止薬物検出事件
2006年10月19日に、レース後の理化学検査で「ディープインパクトの体内から禁止薬物イプラトロピウムが検出された」とフランスの競馬統括機関であるフランスギャロが発表した。
事件が発覚した際、同馬の調教師である池江泰郎がフランスギャロに提出した弁明書は「ディープインパクトは9月13日からせき込むようになり、21~25日にフランス人獣医師の処方によりイプラトロピウムによる吸入治療を行った。その間2度、吸入中にディープインパクトが暴れ、外れたマスクから薬剤が飛散し馬房内の敷料(寝ワラなど)、干し草に付着。それをレース前日から当日の間に同馬が摂取し、レース後まで残留した可能性が高い」という内容だった。
イプラトロピウムは、人間への使用だけでなく、馬に対しても呼吸器疾患に使われる薬物である。競走馬に対する使用自体はフランスでも日本でも認められているが、フランスではイプラトロピウムが体内に残留した状態で競走に参加することは禁じられていた。
日本では動物用のイプラトロピウムがあまり市場に流通していないので、当時JRAは禁止薬物に指定していなかったが、2007年3月1日付けで発表された日本中央競馬会競馬施行規程の一部改正による禁止薬物規定の整備で、イプラトロピウムは禁止薬物に追加されることとなった。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E7%A6%81%E6%AD%A2%E8%96%AC%E7%89%A9%E6%A4%9C%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

3: 2019/08/01(木) 21:54:24.60 ID:yrKIDQDy0

でも失格です
結果は永遠に覆りません

6: 2019/08/01(木) 21:56:34.48 ID:9b0xxBmI0

>>3
それを認めてないディープ基地なんているか?

7: 2019/08/01(木) 21:57:37.24 ID:qlWGPSLb0

>>6
認めてないのしかいないやろ

5: 2019/08/01(木) 21:56:24.72 ID:GqCIZir/0

翻訳するとこうか?

【Weblio 翻訳】
したがって、健康な馬による気管支拡張薬の運動前の吸入は、パフォーマンス能力を向上させそうにありません。

8: 2019/08/01(木) 21:57:53.26 ID:WUteQSh+0

healthyじゃないhorseが使うと効果あるんだね

12: 2019/08/01(木) 22:00:53.28 ID:9b0xxBmI0

>>8
そら喉鳴りの馬が使えば健康体に近い時のパフォが出せるようになるやろな

14: 2019/08/01(木) 22:03:30.94 ID:KUp8TuSV0

>>12
ハーツがもっと長持ちしたりダメジャもスランプにならなかったりしたかもしれないのか

13: 2019/08/01(木) 22:00:59.92 ID:GqCIZir/0

>>8
治療薬なんだから病気の奴にも効果なかったら使う意味ねーだろ

11: 2019/08/01(木) 21:59:46.15 ID:GqCIZir/0

とは言え、フランス競馬ではレース出走時にイプラが体内に残留していた時点で失格ってのは変わらんからな

ただ競争能力の向上はないから、イプラが残留していようがいまいが競争能力自邸に影響なし

JRAはディープ失格を重く見て「競争能力に影響ある」などとニワカな幹部がシッタカ知識で発表したから問題が大きくなるんだよなw
ま~ディープはどのみち失格だがw

15: 2019/08/01(木) 22:04:39.23 ID:GQvl/dTv0

典型的なインターネット脳だな
自分にとって都合の良い情報を探してきて、さもそれが真実かであるかのように言いふらす
世界にはSTAP細胞があるっていう研究者だっているんだぜ

17: 2019/08/01(木) 22:11:09.55 ID:iwK0AKRd0

ベンチプルミンシロップこと
クレンブテロール塩酸塩が本命なんだが

19: 2019/08/01(木) 22:13:01.78 ID:DBaEFH+50

>>17
いつ検出されたのさ

26: 2019/08/01(木) 22:26:35.74 ID:iwK0AKRd0

>>19
ドープ引退と同時イプラと共に禁止された

27: 2019/08/01(木) 22:27:51.97 ID:DBaEFH+50

>>26
質問の答えになってねえ。

20: 2019/08/01(木) 22:13:35.82 ID:OkrFkNLu0

そもそも気管支拡張剤使った直後に激しい運動するのはむしろ御法度なんて事くらい使った経験が有る奴なら分かる筈なんだが
イプラの副作用として頭痛や吐き気、動悸が起こる場合があるんだし

142: 2019/08/02(金) 00:22:24.94 ID:PrIWY30p0

について、>>20の言う通り「イプラの副作用として頭痛や吐き気、動悸が起こる場合があるんだし」
であるならば、副作用によって「記録が落ちることは無い」とは言い切れないと思うが?

145: 2019/08/02(金) 00:32:19.40 ID:y82LQjpY0

>>142
そのデメリットを上回る効果があると見るのが妥当だわな
あんた今病床に伏せってレスしている訳じゃないだろ?少なくとも風邪も引いていない普段通りなら100%だと思ってるのかもしれんが生物の体はそんな単純じゃないからな
世の中の今現在健康体だと思ってる人の平均値なんか90かもしれんよ
薬の力で無理矢理100にしたらまずいとかは思わんの?

21: 2019/08/01(木) 22:14:43.88 ID:cms4g3Ci0

競走能力に関係あろうとなかろうと
ご自慢の末脚が軽く交わされていった事実に違いはない

23: 2019/08/01(木) 22:16:38.26 ID:INAOqssx0

>>21
体調悪けりゃ負ける時もあるやろw

39: 2019/08/01(木) 22:39:17.60 ID:BIDmsu6Y0

週刊文春2006年11月2日号は
「ベンチプルミンシロップ投与についての池江泰寿調教師に対する事情聴取」
と称するJRA内部文書の存在と、その概要を報じている。
文春の報道によれば(以下、カッコつき文章はすべて文春から引用)
ディープインパクトを管理する池江泰郎調教師の長男、池江泰寿調教師が
禁止薬物を含むベンチプルミンシロップを投与した疑惑があり
2年前の2004年10月10日夕方、JRAから事情聴取を受けたことを示す文書がある、
というのがおおまかな内容。

40: 2019/08/01(木) 22:40:07.87 ID:BIDmsu6Y0

記事によるとベンチプルミンシロップ投与の問題点は2点とされている。
第1点は、ベンチプルミンが、エタノール(禁止薬物)を含む薬物であること
第2点は、ベンチプルミンが、クレンプテロール製剤であること

クレンプテロールという耳慣れない薬物については
記事中に引用される「競争馬にかかわる獣医師」という人物が
次のように説明している。

「この薬は呼吸に問題がある仔馬に使用されるのが一般的です。
主成分である塩酸クレンプテロールは日本では禁止薬物リストにはいっていませんが、
長期的な使用がアナボリック・ステロイド(筋肉増強剤)と
同様の効果をもたらす可能性があるといわれており、
イギリスのG1ではこの薬が検出されて勝利を剥奪された例があります。
人間が使ってドーピング検査で発覚した場合、厳罰に書せられます」

46: 2019/08/01(木) 22:44:29.80 ID:m7arr8dw0

実力で3位入線wwwwww

48: 2019/08/01(木) 22:47:38.18 ID:INAOqssx0

>>46
副作用として筋肉の弛緩も誘発するからそれでパフォ落とした可能性が高い

82: 2019/08/01(木) 23:28:04.98 ID:GqCIZir/0

>>48だってさw
更に、体調不良故に風邪薬投与したんだろうからそもそも体調不良だったんだから、本来のパフォーマンスが出なかったのはしゃーないだろw
お前だって風邪ひいてりゃ~スポーツで本来のパフォだせないだろw

64: 2019/08/01(木) 23:09:03.91 ID:KGZjwJeW0

運動能力を上げる薬ではなく、
簡単に言えば走っても疲れなくなる薬

まあ失格だわな

65: 2019/08/01(木) 23:10:15.54 ID:INAOqssx0

>>64
馬鹿なの?笑

70: 2019/08/01(木) 23:19:31.56 ID:aXzNMvoY0

でその論文に何の説得力もないために日本やアメリカを含むパート1国すべてで現在でもイプラは禁止薬物である

73: 2019/08/01(木) 23:21:50.44 ID:INAOqssx0

>>70
アメリカでも痛み止めと同じ扱いのクラス3やんw

つまり、健康状態以上に能力を上げる薬ではないという認識w

85: 2019/08/01(木) 23:29:13.42 ID:aXzNMvoY0

池江
レース前「絶好調。140%の出来!」

レース後「絶好調だったのに伸びなかった。敗因は分からない」

ドーピング発覚後「身に覚えがない。信じられない」

数日後「本当は絶不調でレース直前に風邪引いてました。イプラを処方したが事故で馬房内にイプラをばらまきました」


こんなの信じられるか?
レース直後の武豊TVでも仕上がりは万全で厩舎のみんなが悔いのない仕事が出来たと胸を張ったと明言
現地に言ってた記者や解説者なども調教の動きは絶好調だと誰一人として不安説を唱えた人物はいない

89: 2019/08/01(木) 23:33:12.33 ID:DBaEFH+50

>>85
でもレース10日程前に獣医さんにみてもらって治療薬を出してもらったのも事実なわけでしょ?
こっそりドーピングしたくてキットと薬を持ち込んでたとするならわざわざ医者に診てもらう意味がわからない

91: 2019/08/01(木) 23:35:15.35 ID:aXzNMvoY0

>>89
その医者に金を払えば簡単な事よ

レース後もみんな揃って絶好調だったと逃げ道塞がれてたんだぞw

100: 2019/08/01(木) 23:40:50.26 ID:DBaEFH+50

>>91
持ち込みでやればわざわざ医者にお金を払わなくてもいいんだよ?

93: 2019/08/01(木) 23:36:34.40 ID:aXzNMvoY0

多くのトライアスロンの選手が自分の体で試した結果

国際トライアスロン協会の発表によると、トライアスロンのトップクラス選手の実に98%が喘息患者としての登録をしている。
なぜ喘息として登録しているのかというと、喘息患者として登録していると、気管支拡張剤の使用することが許可されるから。

気管支拡張剤=イプラトロピウム

112: 2019/08/01(木) 23:48:01.00 ID:DBaEFH+50

ならハーツクライの惨敗したジャパンカップも言い訳にならんなと言ってみる

114: 2019/08/01(木) 23:49:21.10 ID:zF9WArlp0

>>112
常態と疾患を混同したらあかん

116: 2019/08/01(木) 23:53:05.76 ID:zF9WArlp0

ぶっちゃけこの実験
呼吸器官の強い個体に対し楽な運動で行ったら全く意味のないものなんだよなあ

127: 2019/08/02(金) 00:06:00.97 ID:zUsLWicsO

何が正解か知らんけど
名馬らしからぬ無惨な死をとげたのは、何かの因果なんだろうね

130: 2019/08/02(金) 00:09:57.50 ID:sHV1rHaD0

>>127
可哀想ではあるが、種牡馬として復活できる可能性も考慮してたらしいからある意味で名馬過ぎたとも言えますね。

131: 2019/08/02(金) 00:10:33.57 ID:d6jjYV8C0

>>127
種付けしすぎで首痛めて死亡や

44: 2019/08/01(木) 22:43:03.92 ID:m7arr8dw0

ディープが亡くなってから無実が証明されるなんて
この世界は理不尽すぎる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

関連記事

おすすめピックアップ(別窓で開きます)

おすすめピックアップ(別窓で開きます)

-競走馬
-,

Copyright© マチカネフクキタレ! , 2019 All Rights Reserved.